« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

キン肉マン超人大全集

Pa0_0001今日からプロ野球セントラルリーグが開幕するので、シーズンが終了するまであまり趣味の話が出来なくなります。そこでどうしても紹介しておきたいCDがこのキン肉マン超人大全集。 3枚組で53曲収録されていて、アニメのキン肉マンが好きなら涙ものです。 サントラ盤ではなく、さしずめ超人レスラーの入場曲集。オープニング・エンディングはもちろん、王位争奪編まで網羅されてるのが嬉しい。 中でもスゴいのがキャラクター別の曲。聞くまで存在すら知らなかった。テリーマンやロビンマスクは当たり前、ステカセキングやスクリューキッドまである。 歌は役の人が歌っているものはないが、前奏や間奏にセリフがはいっている。中には目茶苦茶なのもあるけど…。当時のキン肉マンブームはそんな事お構い無しな勢いがあったのかもしれない。 牛丼の歌が無いのが残念だけど、ファンなら必ず聴いておきたいCDだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

18歳捕手

ライオンズで開幕からスタメンマスクを被っている炭谷銀仁朗がスゴイ。 いくら高校No.1捕手と謳われていたり、高校生ドラフト1位で入団したとしても、レギュラーを奪うのは難しい。ましてや捕手となれば昨年の実績を踏まえるのが常だし。 オープン戦のドラゴンズ戦で出ていたのは知っていたがこれまでの実力を持っていた事に驚いた。 開幕して4試合、壊れたゲームは1つも無く、2戦目には涌井をリードして10代バッテリーの勝利で脚光を浴びたり、昨日のホークス戦ではプロ第1号をグランドスラムでやってのけた。それだけにとどまらずもう1発…。スゴすぎる。 この先どうなって行くんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

昨年と同じ

5試合が終わってなんと4位につけている横浜FC。快進撃だと思いきや11位に沈み切った昨年と戦績が同じだった・・・。 ●△△○○と星取りは同じ。ただ一つ違うのは、監督が代わってからまだ負けてないという事。 昨年の第6節は引き分け。今年の第6節は奇しくも同じ水戸戦。 水戸は強いけど、お荷物から脱却する為には負けられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

WBCトロフィー

WBCで優勝した際にもらったトロフィーが全国のフランチャイズを回っている。ヤフージャパンドームでは長蛇の列で試合そっちのけで並んでいる人も多かったそうで。 僕が住んでいる横浜にはいつ来るのかなと思っていたら、4月4日〜6日に決定。 この時行われているカードは、ベイスターズとなんと我らがドラゴンズ!。見れるじゃんと一瞬喜んでみるが展示場所が内野のコンコース・・・。ダメじゃん!。横浜スタジアムは昔からある球場で、内野と外野が完全に隔離されている。ぐるりと一周出来る球場が多くなってきた現在、希少な存在なのか。 なんにしても、熱狂的に応援するファンや外野しか入れない低所得者にはトロフィーを見せてくれない横浜スタジアム側の陰謀だろう。ライトに陣取るベイファンだけは行き来自由だったりして・・・。 問い合わせてみたら、前日まで検討中とのこと。なにとぞ配慮してもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

オープン戦終了

2月下旬から行われていたオープン戦、WBCとかあったおかげでいつの間にか終了しました。
我らがドラゴンズはいい成績を残したけど、オープン戦の試合結果は公式戦とは違うのでアテにしない。防御率が1.56てのは頼もしい。あとは先発が長いイニングをどう投げ切れるかってとこかな。
野手では井端・荒木は不動なので、ウッズと立浪。ウッズはまだ1発しか打っていないがこれからなんとかするでしょう。残念なのは森野、全治2〜3ヶ月かかるらしい。死球の相手が燕の藤井だけにまたかと思ってしまう、という訳で立浪安泰。
分からないのが外野手。福留は外せない。アレックスは1割台と絶不調。代わりはしぶとく結果を残している移籍してきた上田か。オープン戦2番で使われているルーキー藤井がそのままスタメン濃厚だろう。
結論…
一番セカンド荒木・二番ライト藤井・三番ショート井端・四番ファーストウッズ・五番センター福留・六番サード立浪・七番レフト上田・八番キャッチャー谷繁。開幕投手は川上と中田で迷ったがやっぱり川上で。
今年もまたプロ野球が始まる。男と男の真剣勝負を観にスタジアムに駆け付けよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

第5節 札幌―横浜

我らが横浜FCは室蘭にてコンサドーレ札幌戦です。
昨日は仕事明けだったので、13時からスカパーによる初の生観戦をしました。初めて横浜FCのゲームをテレビでリアルタイムに観戦出来た事も嬉しかったが、何よりもチームの連勝!。
札幌戦1―0で勝っちゃいました。嬉しいなぁ。
唯一の得点はもろカウンター。コーナーからこぼれたボールを菅野がパンチング。内田が拾って一気に走る。今のチームに必要なのはこのスピードだぁ。ペナルティエリア前で右の北村へはたき、1人かわしてシュート!。いやぁ気持ち良かった。流れからの得点は今期初めてだからね。内田・北村・吉武の3人が活躍すると尚嬉しい。
守備は結構落ち着いていたかな。5試合で2失点は伊達じゃない。でも菅野は今回も神だった。
チョンヨンデが早くも累積4枚。早過ぎだよ、来週はいなくなる…が、みんなで頑張ろう。勝って休みを迎えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

ウイルスが来た

3月23日の昼間、自分のパソコンでインターネットをしていたら、突然ウイルススキャンというソフトのメッセージが開き、トロイの木馬というウイルスが発見されましたと表示されました。
一瞬、ん?となりドキドキしたが、どうしようもないのでソフトに任せてみる。
10分後くらいかな、再びメッセージが開き駆逐完了。良くやった、ありがとうと思っていたら数分後、他のファイルにも感染している可能性があるので調べてますか?と、う〜ん心配だからやってもらおう。
画面にボックスが表示され調査済みファイルの数がドンドン加算されていく、チョッ早…。
いっこうに終わらないんで、他の事をしていたら1時間後ようやく完了、他のファイルは無事でした。ファイルの数約117000個…。全然活用してないのに、出荷時のパソコンてこんなにファイルがあるんだって少し驚いた。
パソコン使って6年、初めてウイルスがやってきてびっくりしたけど、無事で良かった良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

センバツ

WBCが終わったと思ったらセンバツ開幕。
ワイドショーやニュースで、あんなに野球が特集されるなんて驚いた。ちょっと満腹気味。
今年のセンバツは神奈川から横浜と東海大相模の2校が出場。対決するまで勝ち進んで欲しい。
そしてセンバツ中にはプロ野球が開幕。大変な春だ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

プレイバック21日

プロ野球ファンにとっては12球団の垣根を超えて歴史的な日となった3月21日。
僕はプロ野球ファンとして横浜FCサポーターとして大変な日でした。
21日の山形戦のチケットは今年から入場料金高騰の為、前売りで買っていました。その後決勝が決まり悩みました。まず第一にWBCの決勝戦が見たい。次にチケットは無駄にしたくない。野球は11時から、サッカーは14時から。悩みまくった挙句出した結論は、横浜駅西口バスターミナルに近いマンガ喫茶で野球観戦、終わり次第バスで三ツ沢へ向かうというタイムテーブル。野球が3時間で終わればうまくいく…。
10時に泊まり勤務を終え、みなとみらいから横浜へ。目処をつけていたマンガ喫茶へ10時47分に3時間パックで入店。マンガとコーヒーを用意して、なぜか17分遅れでプレイボール。
日本優勢でイニングは進んでいきます。6回が終わった頃、ふと思いました。前回の韓国戦では東京の家電量販店で大盛り上がりだっなぁ、と。それなら側にあるヨドバシ横浜も盛り上がってんじゃない?。1人でマンガ喫茶の個室で世紀の瞬間を迎えるよりも、ヨドバシ横浜で知らない人達と喜びたい!。という訳で、8回終了で切り上げヨドバシ横浜へ。
さあ店内はどうなっているかなと思いながら入るもやけに静かだ。そうなんです、1階のパソコンフロアも4階のテレビフロアも全く野球中継やってないんです。やっちまった…、8回まで見たのにこれでは肝心の最後が見れない。
WBC決勝戦全然盛り上がってないじゃないか。野球人気はそこまで落ちてしまっていたのか、と思いながら併設されているYahoo!BBカフェへ。この時、三ツ沢ではキックオフ。
そして奇跡起こりました!やってました野球中継。アイスコーヒーを注文しとりあえず座る。しかし人少ない、興味持っている人いないし、拍手も起きない。入店しても通り過ぎるし、そんな空しい状況で迎えた歓喜の瞬間。我一人小さい拍手す・・・。溢れんばかりの喜びで涙がポロリ(心の中では飛び上がってましたが)。感慨にふけっていると、インターネット利用の客に邪魔になるから席を空けろとかで追い出されました…。
何なんだこの国は、少しは盛り上がれ!と不機嫌になりつつ15時バスで三ツ沢へ。当日の日記は移動中に書いた為、目茶苦茶です…。
そして15時15分、後半10分過ぎに三ツ沢に到着してブログ更新。ゴールは見れなかったものの勝利の瞬間を見届けました!。
野球人気の凋落には驚いたが、目的とするもの全てが勝ち意気揚々と帰宅。そしてつけたテレビには野球世界一を伝える報道がどこのチャンネルでも…。しかも日本列島大騒ぎ…、号外は出るわ…、怪我人は出るわ…、目がテンになりました。僕が見た横浜の、あのあまりにも盛り下がっていた状況はいったい何だったんだ?と思う反面、やっぱりみんな野球が好きなんだとホッとしました、視聴率も最高瞬間で50超えていたし、嬉しかった。
夜のニュースをはしごして慌ただしかった一日が終わりました。
ε−(´・`)
さぁ気持ち切り換えて、一週間もしたら開幕だ。ドラゴンズの為に僕も頑張ろう!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

第4節 横浜―山形

PA0_0000我らが横浜FCは三ツ沢で山形戦でした。
昨日はどうしても観たい中継があった為(明日を参照)、三ツ沢入りしたのは15時15分頃。前半部分は帰宅後録画を見ました。
なんか棚からぼたもち的な勝利でした。決勝点となったPKは36分、審判ありがとうと言うくらいよく分からない。どんなファールしたんだろう。目が肥えている人に聞いてみたい。なにはともあれカズが決めてこれが結局決勝点。この時、2枚目のイエローカードだった為、山形は10人に。
そこから一気にやっちゃえと行きたかったんだが、どちらが10人なんだか分からないくらい危険な場面ありあり。最後はなんとか守りきって今期初勝利。生勝ちは9月4日平塚での湘南戦以来10試合振りくらいだろうか。高木監督も嬉しい初勝利。
いろいろ課題は山積みだけど、内田を先発させて前線への供給が多くなった事が良かった。いい形までいくし。守備では4試合で2失点はすんごい立派。毎度の事だが菅野はやっぱり神。
7節の試合無し日まであと2試合。連勝して欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

世界一!

やった!世界一だ――――!。
初代チャンピオンに立ちました。もうテレビ見てて泣きましたよ。
福留の意地見せてもらった、世界一のバッターだ。そしてまとまって頂点に立った王ジャパンは世界一のチームだ!。
試合に出ていない選手も活躍した選手もみんながヒーロー。何書いてんだかわけ分からなくなってきた。
少し落ち着いて、次回は3年後。MLBだけでやるんじゃなく、組織を作りしっかりとした大会にして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

第3節 徳島―横浜

おととい行われた我らが横浜FC対徳島戦を、昨夜スカパー録画で見ました。初めての予約録画だったけど無事録画する事が出来ていました。
結果は当然ながら当日リアルに知っていましたが、映像で見るとどんなプレイだったか良く分かる。
しかし、前半は全くダメダメでしたね。点を取ろうという気が見られない、何をもってプロサッカー選手やってるんだろうって感じ。
失点は鳥栖戦の時もそうだけど、サイドからの折り返しやセットプレイでは必ず外れるマークでヘッドで失点。通常の時間帯では、落ち着いて守っている様に見えるのに残念。菅野はやっぱり神。
今期初得点となった同点ゴールは、トゥイードの高さから生まれたもの。点が入って良かった良かった。
次節から点の取れないFW陣や、空回りし続ける助っ人外人は見直す時期かも。北村・内田・吉武の3人組を始めから見たいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

準決勝 日本―韓国

勝った!勝った!勝ったぞー!。
三度目の対決となった韓国戦。6―0の快勝!。めちゃめちゃスッキリしました。
特に7回。不調だった福留の先制2ラン!。いくらドラゴンズファンといっても、この大会での福留の打てなさ振りには金城や青木を出した方がいいと思っていたくらい。
スコアレスで進んだ7回に代打で登場した福留。こんなおいしい舞台を用意してくれた王監督に感謝すると共に、なんとしてでも打ってくれと祈りました。
そして低めの球をごっちゃんですと言わんばかりのフルスイング、打球は弾丸となりライトスタンドへ。とにかく嬉しかったし、ホッとした。
焼き鳥屋にいたんですが、この横浜の地で福留に拍手がでたのには涙が出そうになりました。
よくやったぞ福留!ありがとう福留!。
次は決勝のキューバ戦。ここまできたからには優勝あるのみ。さあ世界一だ、王ジャパン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

携帯遍歴

ソフトバンクがボーダフォンの日本法人を買収したそうで。
思えば初めて使った携帯電話は、ドコモのP502i。すぐJフォンのJ―T06へ、機種変更してJ―T51に。その時、Jフォンがボーダフォンに吸収されました。
なんか自分が使っている携帯電話が、外資に乗っ取られた様ですごい寂しい気持ちになりました。
そして時代はKDDIへ。EZチャンネル見たさでW21Tを買いました。当然ながら現役です。
今のところ不便していないので、W51Tあたりで買い換えようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

復活!!!!!!

昨日の試合後、ニュースも見ずかなりヘコみ、ついさっきまで呆けていました。
たまたまつけたテレビでアメリカが負けたと知りました。これって・・・、そう日本が決勝リーグに進む事が決定したのです!。一気に気持ちが復活しました。今日休みじゃなく仕事だったら百倍働けそうだ。
(^O^)
そんなわけでWBC準決勝は19日の12時から、みたび韓国。一度死んでいるんだ、死ぬ気でやれぇ―。
とりあえずメキシコみたいにディズニーランドでも行って来い!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

・・・・・・・・

WBC 日本―韓国
ありえねーありえねーありえねーありえねーありえねーありえねーありえねーありえねーありえねーありえねーありえねー
福留ブレーキ過ぎるぞ!。
これで松井が軽々しいコメント吐いたら、永久追放。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

WBC メキシコ戦

WBCメキシコ戦は、09時開始という事で見る事が出来ませんでした。最後のハイタッチだけ見れました。
アメリカに負けて、今日のメキシコ戦は負けられないデスマッチになりましたが、勝って良かった。
詳しい情報が全く無い為よく分からないんですが、先発松坂が5回を無失点、薮田・和田と繋いで1失点に抑えるリレー。
打っては、小笠原の2点タイムリーと里崎の2ランで、3回一挙4点で突き放し、6―1の快勝!
今日は球審と1塁塁審がアメリカ戦の審判だった為心配しましたが、さすがに問題は起きなかった。
さて、これで1勝1敗で韓国と対戦する事になる。同じ相手に2度も負けるなんて許されない。特に韓国なんかに。絶対勝て!。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月14日 (火)

ピーナッツ

PA0_0000先日、109シネマズMM横浜でピーナッツを見てきました。
ウッチャンナンチャンのウッチャンの監督主演映画です。ていうか内P映画。内Pメンバー総出演です。
物語は10年前、ピーナッツという草野球チームで優勝した際の伝説のサード・内村(役名忘れたので俳優名で)が、活気を無くした故郷の商店街に帰って来る所から始まります。
伝説のサードの元、草野球の活動も本格化していく中、不動産屋による駅前大規模開発による商店街を潰す計画が進行。商店街会長兼監督が不動産屋に賭け試合を持ち掛けます。都市対抗で優勝チームである不動産屋チームにピーナッツが勝ったらこの計画から手を引くと・・・。
試合に至るまでの物語はまったりしていて大好きな雰囲気でした。内Pメンバーもそれぞれ個性が出ていたし。舞台設定はありがちなんだけどそこがいい。人物も細かく設定されていて、いい味出している。いい事ずくめだった序盤に対し、試合では裏切られまくりでした。
人物設定がしっかりされていたのに、試合では全然生かされていなかった。伝説のサードは?、伝説のスラッガーの立場は?と山場に持ってこれそうな伏線を作っていたのに、意味が無かったような気がする。
試合が終わった後のあのシーンもなんかダラダラだったなぁ。
試合の場面はナンチャンを脚本に迎え入れて作ればもっとドラマチックになったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月13日 (月)

アメリカ戦に物申す

今朝行われていた、WBC日本対アメリカ。結果は3―4×のサヨナラ負け。
仕事に行く前まで、08時20分から08時50分の間だけ見ていました。
悔しいのが、ていうかおかしいのが8回表の攻撃。
1死満塁で迎えるバッターは岩村。レフトへ打ち上げ、3塁ランナー西岡タッチアップ。逸れたこともあり楽々ホームイン!勝ち越し。
アメリカの選手はベースを踏んでアピールするも、2塁塁審はセーフをジャッジ。
ところがところが、球審にアピールした所なんと判定が覆り3アウトチェンジ・・・。
当然、王監督は猛抗議。しかし覆るわけなく無得点のまま終わるのであった。
抗議の間、VTRが流れたんですが、どう見てもキャッチしてから西岡は離塁してるだろ。きっと、百人が百人セーフと言うよ。
まあ、そんなこともあったから、尚更勝って欲しかったんだけど・・・。
球審はアメリカ人。そういう判定したがるのも分かるが、スポーツをフェアに出来ないなんて、なんて汚い国だ。
だいたい対戦国の人間にジャッジさせるのはおかしいだろ!。
次回からは考え直せ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

第2節 横浜―鳥栖

PA0_0000愛媛での敗戦・監督の電撃解任を受けて、サポーターはフロントに対して沈黙することで抗議した。しかしそれは、応援のコールがなかっただけで、いつもの三ツ沢とあまり変わりがなかった。少し異様だったけど…。観客の入りは4500くらいと値上げの影響が出ているのかも、フロントも何か感じてくれればいいのだが…。
今日は勝利はもちろんだが、全くとれないゴールを必ず見たかった。選手が地面を叩いて悔しがる様な惜しいシーンもあったが決まらず1つのゴールを奪うのはこんなに難しい事なのかと、ここ数試合で物凄く重く実感しました。はぁ〜。
勝てなかった事は悔しいが、大変な今の状況においてとりあえず(あくまでとりあえず)引き分けた事は評価出来るかもしれない。菅野の神振りは健在だった。
シーズンはまだまだ始まったばかり、ドタバタ劇ではなく勝ち続ける事により注目を浴びよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

頑張れ!高木

監督解任を受け、7日の練習からコーチだった高木琢也が暫定監督に就任した。
全ての人が寝耳に水状態だったので、本人が一番驚いているだろう。
初監督なので未知数だが、少しでもチームを生まれ変わらせて欲しい(攻守切替とか)。
幸いな事に、まだ1試合しか経過していない。暫定なので期限は未定だけど高木の色を見たい。
まだ若いかもしれないが、かつて星野仙一は38才の若さでドラゴンズを率い、2年後リーグ優勝に導いた。野球とサッカーでは違うけど、年齢で監督するわけではない。情熱があれば必ず選手は答えてくれると思うし、結果がついて来ると思う。
アホのフロントに翻弄され就任した監督というポストだが、高木新監督にはこのチャンスをモノにして欲しい。初采配は今日、頑張れ高木監督!、新生横浜FC!。
(しかし、いくら年下とはいえ、監督を呼び捨てにする選手がいてはどうしようもない。公私混同はやめて欲しい。11番)
それと今日の試合では、フロントの愚かな行動に対し、ゴール裏サポーターが声や旗・手拍子による応援を自粛する動きとなった。選手達にはあらかじめ先日の練習後に理解を求めたという。自分はゴール裏サポーターではないが賛同するつもりだ。よっていつも使っている旗やタオルマフラーを持って行くことをやめる。あくまでフロントに対する抗議なわけで、勝った暁には選手達と喜びあいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

悔しすぎる…

6月7日から始まったこのブログ。遂に遂に昨日、更新が止まってしまいました…。
言い訳っぽくなるのであまり書きたくありませんが、書かないと収まりがつかない。
実は昨日の日記は、朝の10時には出来上がっていました。その時点では更新せず、12時に仕事を終え映画を見に行きました。
帰宅して18時前に携帯で作った日記をモブログに送ったんですが送り先不明のメールが返信される(返信されてきたメールをそのまま返信し返すとブログが更新される仕組み)。
おかしいと思って、パソコンを起動させ、ニフティのブログサービスサイトココログを開くと10時〜21時までメンテナンス中との事。取りあえず仕方ないので、21時まで待つ事に。
そして21時。携帯から再度更新手続きをする。が、返信されない。おかしいなと思い、再びパソコンを起動させ、ココログを開こうとしても重すぎて開かない。ようやく開いたと思ったら、混雑していてつなげられないとのこと、おいおい…。
そこから何とか侵入しようと試みる、携帯からも何度も投稿を試みるが、全く駄目…。
そして遂に迎える24時。非情にもタイムオーバーの瞬間…(その日の日記はその日のうちに更新しないと反映されない)。
長い闘いは敗北をもって終了した…。
インターネットの使用頻度が少ないため、お知らせを見なかった事もあるが、なんで昼間にメンテナンスするんだ?こういう事は普通夜中だろう。こんな事で更新がストップするなんて悔しすぎる…、あぁムカつく。
さてさて、この日記は更新されるだろうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

こんなかんじ?

足達監督解任の波紋があまりにも大きすぎて、昨日は動転していました。
普段では絶対に取り上げないNHKを始め民放各社、そしてスポーツ新聞各紙。関係サイトのコラムや掲示板。なんか悪者になった気分だった・・・。
報道では開幕戦の1試合、JFLからの昇格クラブに完敗した事での解任となっていたが(Jリーグ最短記録も)、僕達横浜FCサポーターからすれば、たったの1試合ではなかった。
昨年の寒い開幕戦の惨敗から始まり、カンフル剤的な事も起きたが、解決策にはならず浮上する事はなかった。その間クラブに対して監督交代を訴えていた。足達体制44試合目となった最終戦のセレモニーで頂点に達したが解任するには至らなかった。
そして迎えた今シーズン、どんなキャンプをしたか不明だが、クラブチームを相手にした試合(練習試合・プレシーズンマッチ・開幕戦含む)7試合得点0・・・。いくらなんでもありえない。
いつ解任されてもおかしくない材料は整っていた。だからこの報道を携帯サッカーサイトで知った時は、「おぉ!」と喜んでしまった。しかし、この時期の悪さの発表に困惑するまでたいして時間は要さなかった。
かくして、足達監督は解任された。クラブ全体が生まれ変わってくれる事を切に願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

足達監督解任

昨夜の発表で、遂に足達監督が解任された。
解任された事については全く驚かない。遅かれ早かれ今シーズン中には起こりうる事態だから。驚いたのは時期だ、なぜ今。
土曜日に開幕戦が行われたばかり。今週末にはホーム開幕戦を控えている。
誰が見たって解任するにふさわしい時期は昨シーズン終了後だろう。毎試合同じ様な采配して出ない結果に、ゴール裏とバックスタンドは叱咤を浴びせ続けた。結果11位。そして迎えた最終戦、サポーターは監督と社長に対し容赦ないブーイングで現体制の刷新を要求した。
しかし、その声は反映される事なくキャンプへと突入した(三浦に監督補佐という肩書きがついただけで)。
副社長のコメントとして、1試合の判断では無く昨季やキャンプを含めて総合的に判断した結果、と発表された。たった1試合で解任かもしれないが、サポーターからして見れば長かった。
このドタバタ劇の原因はフロントにあるといえる。昨年の夏から、過去にならした有名選手ばかりを獲得。1年目の選手を5人もぶった斬る先の見えない育成方法。ユーティリティな生え抜きの信義を解雇し、使えないベテランを抱え込むチーム方針。1人のスター選手をダシに下位クラブという自覚を置といて敢行するスタジアム料金大幅値上げ。もうサポーターをバカにしているとしか思えない・・・。サカつくやりたいならゲームの中だけにしとけよ。
足達監督の解任は昨シーズンから望んでいた事、後任には監督として実績がなくS級取り立てホヤホヤの高木が昇格した。キャンプの意味が無くなった今、どのクラブよりも遅く今季が今日から始まる。全てをリセットしなくてはならない状態、監督・選手には気持ちを切り換えて(無理かもしれないけど)1つでも多く勝って欲しい。現場は頑張れ!
フロントが改めないと何も変わらないが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

2位?

昨日の韓国戦負けちゃいました・・・。
韓国は決して弱くない。日本が全勝しなくてはいけない雰囲気だったが、韓国球界のヤル気が見えた。日本では愛知の大学リーグやマスコミがままごと野球を推奨している、物の本質も分からないバカどもがいる中感服しました。
イ・スンヨプの勝負を決めた一発や、ライトのファインプレー、ストッパーと、いいプレー見せてもらいました。
勝敗の分かれ目は、あそこだったわけでどちらに転んでもおかしくなかった。2次リーグではリベンジしてもらいたい。
しかし、大会通じて福留が沈んでいる。初戦の一発だけだし、最後まで出場出来ないし、このままだと投手の利き腕によってはスタメン落ちしそうだ。
せっかく代表に帯同しているわけだから、ドラファンが知っている福留の姿を早く国民に見てもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 5日 (日)

開幕戦 愛媛―横浜

3月に入り、いよいよJリーグが開幕しました!。開幕を飾り第1クールをそこそこの成績を残すのが通例だった我らが横浜FC。しかしそれも過去の話。今の監督になってからというものの、開幕戦は惨敗してこれからのシーズンの希望を打ち砕かれる儀式と化してしまった。
昨日は、ネタチームが期待通りにネタにした感じ。
長いシーズンを闘っていれば完封くらいされるだろう。しかしなぁ点が入らない…。プレシーズンマッチから昨日を含めて、対クラブ6チーム相手に無得点とは…。
ポジィティブな箇所を探そうとしても何もない。
来週はホーム三ツ沢、いつまでもグタグダやっているとまたブーイングの嵐だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

スカパーデビュー

WBC始まりましたね〜。釘付けで見ていました。野球観戦史上初めてGの選手を応援してしまいました。なんか想像以上に楽しんでます。
話し変わって、この日の為に大掃除を頑張ったと言っても過言ではない。遂に我が家にもスカパーのアンテナが設置されました(拍手!)。1時間程で終わりました。北側の部屋なので、家の性質上見る時多少手間をかけないといけないのが煩わしいですが、取りあえずOK。
休みの日だったので、ロックのかかっているチャンネル以外は全部見てみました。本契約した後は、プロ野球とJリーグのセットしか見れなくなります。
そんなわけで昼間は、韓国対台湾戦を見ていました。
仮契約中は180チャンネル代は見れないのと、勤務なので今日のJ2開幕戦は見る事が出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

テイルズオブジアビス

PA0_0000先日、テイルズオブジアビス(PS2)のエンディングを迎えました。
率直な感想言います。良いです!最高です!感動しました!素晴らしいです。もうゲームの域を超え作品です。
良いシーンはたくさんありました。その中でもエンディングを迎える事になるエルドラントでの一連のシーンは、内容が濃く6人の仲間1人1人の目的とするものが完結されていきます。
特に主人公ルークとアッシュが決着をつける場面ではバトルBGMが主題歌に変わりゾクッとしました。
そして最終バトルでは特殊な演出がなされ涙なくしては見られない。エンディングテロップが流れ、全てが終わるまでただ見入るのみでした。
今回のテイルズは主人公ルークが本当にどうしようもない奴です。途中、悲惨な扱いをされます。主人公に感情移入してしまう僕はかなりへこんでしまいました。そこから成長していくんですが、他のキャラとの兼ね合いがいい感じです。
次に重要なキャラが数人死んでいくんですが、死の描き方が重く大事にしている印象を受けました。
それと世界観がすごい。音を取り入れた世界で構成されていて、細部まで矛盾する事なく作られています。
バトルシステムですが、今までのシステムにフリーランが導入されています。横にしか動けなかったフィールドを360度自由に動き回れます。危なくなったら逃げ回る事も出来ます。
最後にゲームバランス。適度にいい感じです。前回目茶苦茶だった為、しっかり調整されていました。
とにかくテイルズシリーズ10周年の今作品は、記念作品に恥じない素晴らしい作品でした。ながらでしかRPGをやっていない人、かなりお勧めです。映画の様な感動をゲームで味わってください。
このシリーズ、2巡目をやった事が無いけど、いつか必ずやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

ミス

昨夜、仕事で大きなミスをしました。人間なのだからミスくらいするだろうと思うかもしれないが、この仕事では1つのミスが命取りになり、全体の評価に繋がる。それは分かっていました、いや分かっていたつもりだったのかも知れない。
今の職場に配属されてはや8年、毎日同じ事をこなしていくうちにマンネリ化し、惰性で仕事していた時もある。
俺自身に今の仕事は楽しいのか?やりがいはあるのか?達成感は?。正直胸を張ってYESとは答えられない。
心の中では変わろうとは思っていたが、もっともっと考え方を変えないといけない。まだまだ甘すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

ものもらい3

昨日2週間ぶりに眼科へ行ってきました。右目のものもらいは、触ると小さくなってきているのが分かります。切開するにも小さいのでこのまま今まで通り目薬で経過を待つ事になりました。
今回はもう一つ用件がありました。ものもらいが出来てから激しく落ちている右目の視力です。
検査の結果、数値的には落ちていないとの事、乱視でもない。
要するに、ものもらいによって目が圧迫されている事が原因。ものもらいによるしこりが無くなれば、じきに視力は戻るだろうという医者の見解です。ホッとしました。
次に行く時までには治っているといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »